Semalt:マルウェアを回避する方法

マルウェアは、悪意のあるマルウェアという言葉の造語です。マルウェアの構成要素に関する制限はありません。したがって、マルウェアとは、最も単純な形で、ユーザーのコンピューターに違法に侵入するものを指します。間違いなく、ソフトウェアがネットワークに不正に侵入する意図はさまざまです。ただし、特定のコンピューターでは正当な目的がないため、マルウェアに分類されます。

セマルトのカスタマーサクセスマネージャーであるIvan Konovalovは、マルウェアの侵入を防ぐために何をすべきかを知っています。

以前のタイプのマルウェアは、彼らのスキルを紹介するための開発者による努力であり、その標的を悩ませました。時には彼らは冗談としてそれらを送ることができました。それ以降のバージョンは、より危険になり、データと関連ソフトウェアを削除または破損してデータを損傷する可能性があるため、注意が必要です。現代のWebでは、市場にあるマルウェアプログラムのほとんどは金儲けを目的としています。

マルウェアの種類

技術的には、マルウェアは一般的な用語であり、いくつかのタイプの脅威を指す場合があります。次のものがあります。

1.それらは、実行可能ファイルを標的とするウイルスの形を取る可能性があります。ユーザーがソフトウェアをインストールすると、ウイルスはシステム内の他の重要なファイルに広がります。このウイルスは、電子メールの添付ファイルを開くなど、ユーザーの操作によってのみコンピュータに感染する可能性があります。

2.ワームは、コンピュータネットワークを通じて広がるマルウェアの一種です。それらはウイルスに非常に類似しています。相互接続された一連のネットワークとしてのインターネットによってもたらされる計り知れない可能性により、彼らは拡散する可能性がはるかに高くなります。

3.トロイの木馬は、マルウェアを隠してアンチマルウェアによる検出を回避するために使用するハッカーの武器です。それらは正当なソフトウェアの形をとっており、ダウンロードしてインストールすると害を及ぼします。

4.ルートキットはオペレーティングシステムを変更して、他のマルウェアを隠し、隠すのに役立ちます。それら自体は有害ではありませんが、他のマルウェアの検出を阻害するため、問題の原因となります。

5.バックドアは、攻撃者がシステムのセキュリティを侵害したときに表示されます。ユーザーの完全な遮断をサポートし、ハッカーによるリモートアクセスを促進するため、他のマルウェアを簡単にインストールできます。

6.スパイウェアは、個人情報を盗むことを目的としてユーザーアクティビティに関する情報を収集する別の種類のマルウェアです。

7.マルウェアの最後のタイプは、無料のプログラムを提供するポップアップとして表示されるアドウェアです。ほとんどの場合、これらは企業がコストを削減して開発コストを回収できる方法です。

マルウェアの回避

マルウェアを回避するための最も重要なルールは、ソフトウェアや、ソースが不明または未検証のソフトウェアを開いたりインストールしたりしないようにすることです。慣れていないWebサイトにアクセスした場合は、そこから何もダウンロードしないようにしてください。ソフトウェアやその他のメディアを入手できる唯一の場所は、評判の良いサイト、または感染のリスクを減らすためによく知っているサイトです。ソフトウェアにデジタル署名がない場合、ウェブ上でそれを調査し、他の人がそれについて何を言わなければならないかを確認するオプションが常にあります。表示されたレポート、苦情、またはサイトについて奇妙に思われるものは、それをそのままにしておくための合図でなければなりません。追加の利点は、インターネットを持っていることです

mass gmail